延命十句観音経(えんめいじっくかんのんきょう)

福井県小浜市の曹洞宗発心寺の住職だった原田祖岳老師(1871-1961)は、その著書「延命十句観音経講話」の中で「観世音」という一句は「全宇宙の声」、「全自己の叫び」、自他を超越した忘我の叫びだと書いています。

観世音 南無仏 (かんぜのん なむぶつ)

与仏有因 与仏有縁 (よぶつ ういん よぶつ うえん)

仏法僧縁 常楽我浄 (ぶっぽうそうえん じょうらくがじょう)

朝念観世音 暮念観世音 (ちょうねん かんぜのん ぼねん かんぜのん)

念念従心起 念念不離心 (ねんねんじゅうしんき ねんねんふりしん)

観音経は以下のような状況で大変有効に働き、状況を好転させたり、癒しを導いたりすることが報告されています。心が落ち着くまで、あるいは状況が好転してくるまで繰り返し唱えます。

  • 心身の不調や疾患
  • 霊障(憑依、金縛り、その他)
  • 不安なときや自己嫌悪に苦しむとき

特に金縛りや、近辺で霊的に嫌な感じがするとき、誰もいないのに不穏な気配がするときなどに、このお経を心の中で唱えるだけで、金縛りが解け、状況が好転するのは頻繁に報告されています。感謝を持って謙虚に、そして無私無心に唱えると、相当の霊障にも効果がある場合もありますのでお試しください。誰かのために唱えてあげることもできます。

私自身はこのお経の功徳と効果を通して、観音というものが何なのかを実際に感じるができました。その他、延命十句観音経の功徳については、白隠禅師の「延命十句観音経霊験記」などが書かれています。