主宰者のプロフィール

仲 裕美子 (なか ゆみこ)

yumiko

リーブスインスティチュート主宰の仲裕美子です。

生来のシャーマンであり、生まれてからの観察と実験と発見を通して日々覚醒を続ける錬金術師であり、簡単に言うと「神秘家」です。
勉強好きじゃないのに、気がついたら、日本、アメリカ、イギリスであわせて4つも大学に行っちゃってました。英米文学で学士を取った日本以外は大学院で、アメリカでは修辞学、イギリスではそれぞれ別の大学で児童と大人の心理療法を勉強しました。

日英で、日本語と英語で、児童心理療法、箱庭療法、芸術療法の指導も行っております。ゲシュタルトセラピー、サイコシンセシスカウンセリングなども 行っております。また、これらの心理療法、ヒーリング、シャーマニズムの素晴らしいところを効果的に組み合わせ、心理療法の大学院での研究をもとにした、 「創造療法」の創始者です。

現在は上記全ての指導と伝授、責任感と信頼できる能力のあるプロフェッショナルなヒーラーやティーチャーの育成に力を注いでいます。

どこの業界でも、目指してなくても気がつくと、プランナー、マネージャー、スーパーバイザー、トレーナーなどの、企画やリーダー的仕事に発展してい ます。同じ事をずっとしているのが耐えられない飽きっぽい性格だからかもしれません。退屈が嫌いで、面倒な事が嫌いなくせに、問題や困難に創造の興奮を覚 えます、笑。

あらゆる感覚を通してこの宇宙と世界を体験し、その美しさと完璧さに感動します。その感動は切実なまでに、表現を求めます。その総合的表現でもある 錬金術には、飽く事がありません。何年もかけて何かを開発したり、一日中何かを創り続けています。それは私には、生きることそのものです。作り上げたそれ らを活用してくださる方々が、私に生命を与えてくれている事を考えれば、私もまた皆様と宇宙の作品です。

一時日米で画家もやってました。描いた絵は全て人の手に渡ったので、手元には小さなスケッチくらいしか残っていません。絵を描いていると、社会的役割や制約を離れて、本来の自分に繋がる気がします。もっと絵を描く時間を作りたいなと思っているところです。

生い立ち:by © Megumi Yamashita 2010

1966年、福井県生まれ。生まれてすぐに親元を離れ、祖父母の元で山と海に囲まれた自給自足的な環境で育つ。自作の野菜や周囲の山や海で採れるものを食し、川で洗濯した衣服を身につけ、山で集めた薪でかまどや囲炉裏、五右衛門風呂を焚くという生活のなか、物心付く頃には、薪が燃えるのを見ながら考えに耽けるようになる。動植物のほか、山、石、川、池、海など、自然界の要素と対話をし、生命の本質や精髄(エッセンス)、宇宙の真理について考えていた。

3歳になる頃には道端のゴミを哀れに思って拾い挙げ、ビー玉や身の回りのものを並べて曼荼羅を作って遊ぶ。4歳では飛べると信じて、自作の羽根を付けて押し入れから飛び下りて呼吸困難に陥ったり、5歳ではこっそり瞑想に使っていたろうそくから炎が広がり、火事になりかけたこともあった。その頃には、ご縁や出会いから、自然と浄霊やヒーリングを行なっていた。

小学校に上がると、知らない子供に突然、相談を受けたり、助けを求められることを度々体験。中学時代には自分のオーラを強く意識するようになり、人や生き物、物体の持つエネルギーやオーラから、多次元的なリーディングをするようになる。同時に現象を数学的に分析しながら、チャネリングの結果と照合するというような遊びを始める。

高校に進学するころには、 絵画、英語、数学、物理などで「天才」と言われ始めるが、普通の勉強を退屈に感じ、目に止まる数字の集まりを数列に解くことで退屈をしのいだりする。同時に、度重なる超常的な体験から、自ら決して脳の検査を受診。覚醒状態で瞑想時などに多く出る「シーター波」が常に出ていると驚かれるが、精神と脳には異常なしの診断に安堵する。

大学は立命館に進み、英文学を先攻。在学中、数回に渡って一人でヨーロッパを放浪した体験を通し、世界のどこに行っても守られていること、何かに導かれていることを感じるようになる。こうした体験から自分の行動力に自信を持ち、大学での成績は冴えないながら、就職活動では、出版社、広告代理店、印刷会社、銀行、商社、メーカー、SE、デザイナー、インテリアコーディネーター、秘書、営業など幅広い業界と職種で内定を得る。自分の人生の方向性を自在に選び、創造できる感覚、望むことが叶うという状態を経験し始める。

数ある内定の中から、将来、自宅勤務ができることを視野に入れ、翻訳関係の企業に就職。本人の希望に反し、営業から制作ディレクターを経て、プロジェクトマネージャーなどの総合職に配置されるが、この経験によってリーダー的な能力が磨かれる。また、会社からの派遣で、米国、ミネソタ州立大学に留学し、修辞学を学ぶ機会に恵まれる。その際、詩と絵の才能を見出され、展覧会を開催したり、アーティストやスピリチュアルな人達に次々と繋がり、言葉や文化を超えた魂レベルでの境界のない深い交流を経験。より強く確信に満ちた自己覚醒を遂げる。また米国での霊や天使・妖精との交流や霊現象・超常現象の経験から、文化圏を越えたシャーマンワークも務めるようになる。

日本に帰国後、米国で強く勧められた画家への道を探るため、休職して再び欧米を放浪するが、画家になることは諦め、日本に戻って外資系コンピュータ会社に転職。プロジェクトマネージメント、ビジネス企画、コンサルタント、商品企画、マーケティングなどの多分野でのビジネスキャリアを日米で積みながら、水彩画家としても活動を続け、両国にて展覧会に計5回参加する。

その後、結婚し、子供を身籠ると、度重なる霊媒状態を体験。霊の癒しに本格的に取り組まざるを得ない状況となる。その過程で、武家である実家の祖先の霊を癒したときの感動と喜びが大きなきっかけとなり、霊的な癒しと霊性顕現をサポートする道をプロとして歩むことを決意する。

こうして、1997年より子育てをしながらスピリチュアリズムの勉強会などのアドバイザーを務める一方、カウンセリングやヒーリングの指導をクリニックや個人に開始。その過程で、高級霊より叡智を授かることで仮死状態になる、いわゆる「スピリチュアルエマージェンシー」という劇的な体験をする。これを機にこれまで潜在していたと思われる能力が次々に発現。これらを活用しながらヒーリングの手法やエネルギーの処方を研究し、改良を重ねながら、「マニフェステーション・ヒーリング」「サイキックプロテクション」「サイキックサージャリー」「気功鍼」など、独自のヒーリング方法を確立する。

2000年には霊的な契約により、東京で「リーブス」という名のクリニックを2ヶ月限定で開業。数多くのヒーラーの覚醒指導をするが、更なる学びと活動の可能性を模索するため、イギリスにベースを移すことを決意。家族でロンドンに移住し、東ロンドン大学とチチェスター大学の大学院で、心理学、トランスパーソナル・カウンセリング、芸術・表現療法、児童心理療法(プレイセラピー)を学んだのを始め、ミディアムシップ、ヒーリング、ヨガ、呼吸法、サイキックアート、カウンセリング、マッサージ、心理療法、ボイスワークなどのコースにも参加。ヒーラーを育てるためのティーチャートレーニングも修了し、学術面、技術面からもヒーリング方法の裏付けと確信を得る。

上記の大学では、生徒としてだけでなく学生の指導も担当したのち、カンタベリー大学でも学生の臨床指導を実施。また、ロンドンの小学校、聾唖学校、専門学校、病院、ホスピス、慈善団体などで、ボランティアとしてカウンセリング、プレイセラピーおよびセラピスト指導の経験を積む。福祉施設や孤児院、難民保護センターなどで子供たちの癒しに携わるセラピストを数多く指導する。イギリスに移住してからも、世界各地に住む日本人にヒーリングやシャーマンワークを遠隔で指導。また、不定期的に来日し、プロ向けの技術指導講習会を開催したり、対面での個人セッションも続ける。

*リーブスと私の仕事、についてはこちらをご参照ください。

カウンセリングおよび心理療法に関する資格・学歴

2001年~2003年
遊戯療法士・プレイセラピスト ポストグラジュエイトディプロマ
(APAC: The Academy of Play and Child Psychotherapy/英国チチェスター大学大学院)

2003年~2004年
芸術療法・表現療法スーパーバイザー認定 Certificate in Supervision for Art, Creative and Expressive Therapy (APAC: The Academy of Play and Child Psychotherapy/チチェスター大学大学院)

2000年~2006年
サイコシンセシスカウンセリング (トランスパーソナル心理学)
ポストグラジュエイトディプロマ (サイコシンサシス教育財団/英国東ロンドン大学大学院)

英国遊戯療法協会 (PTUK) 認定遊戯 療法士-講師/スーパーバイザー(AccPT-T/S)
英国心理療法協会 (BACP) および英国遊戯療法協会 (PTUK) 本会員。

カウンセリング・心理療法での経験および現在の活動内容(主に英国・日本)

ロンドンの小学校複数校にてスクールカウンセラー(個人/グループ)
ロンドンの専門学校にてカレッジカウンセラー(個人)
サイコシンセシスカウンセリングおよび遊戯療法による大人個人とのワーク
カウンセラーのカウンセリング(個人)
東ロンドン大学のサイコシンセシスカウンセリングコースにて講師助手
チチェスター大学大学院の臨床遊戯療法修士課程における学生のサポートと技術指導
カンタベリー大学大学院の臨床遊戯療法修士課程における学生のサポートと技術指導
ロンドンの児童福祉団体での児童心理療法士のスーパービジョン・指導
ロンドンのろうあ学校での児童心理療法士のスーパービジョン・指導
ロンドンのホスピスでのカウンセラーのスーパービジョン
ロンドンの慈善団体での従業員、セラピストへのカウンセリング・健康管理指導
イギリス国内の日本人社会福祉士のスーパービジョンおよびサポート
電子メールによるカウンセリング、育児相談、セルフヒーリング指導(海外含む遠方の方)
ロンドンでの瞑想会、ヒーリングワークショップの開催

写真:© Megumi Yamashita 2010