霊的な問題、霊障について

霊障とは、「霊的な問題や障害」を総称しています。誰かに「霊障ではないか」と言われると不安になってこのページをご覧になる方もおいでになるかもしれません。でも、全ての人が霊的に成長を続ける限り、霊的に不調和を感じたり、問題が起こることはごく普通のことです。殆どの場合は、無意識にあるいは自然な形でそうした問題を乗り越えながら、成長・進化し、生まれてきた目的を果たしたり、自己実現していくものです。ですから、誰かに「霊障があります」と言われても、悲観することはありません。皆、通常自分の目的を達成するために、何らかの形でそうした問題を抱えているものだからです。

霊障は、個人や家族または家系、土地など様々な範囲と対象に対して起こります。家の霊障に関しても、そういう家を選んで生まれて来ているのですから、いらないものではないのです。実は必要なものなのです。それに対して適切に向かい合うことができれば、それは私たちがこの人生の目的を達成することを助けてくれるものなのです。

何となく霊的にアンバランスが起こっているなとか、何だかあまりいい感じのしないエネルギーや見えない存在を感じるなと言う時には、まず、延命十句観音経を繰り返し唱えて行くことをお勧めしています。このありがたいお経は、迷える霊を導くだけでなく、私たち自身にも本来の自分自身を取り戻す手助けとなる波動を持っています。

私は生来シャーマンだったので、子供のころから色々と修行をしてきています。子供のころから様々な種類の霊的なものとの交流があり、自然にそこですべきこととして「向かい合う」というのをやってきました。ただ「目を背けてはいけない」、「この方とのご縁を成就しよう」というような気持ちだけがあり、その霊を導こうとか、癒そうとか言うのはありませんでした。不思議なもので、シャーマンとして仕事をしていると、怪奇現象や霊に対して「怖い」とか「不思議」という気持ちは起こらないのです。映画やドラマに出てくる幽霊を見ると怖いと思いますが、それは人間が演じているからだと思われます。最初は自分の上に夜中大きな黒い影が立ちつくしているのを見てもこわかったですし、ポルターガイストでぷかぷか浮かんでいるものも見るのも嫌でした。でも、8歳の時の交通事故で個室入院を一カ月した最初の試練で色々と対処を覚えてから、最初は嫌々ながらやむを得ず、そしてそのうち自然かつ冷静に対処するようになりました。怖いものなしで、どんなものが来ても怯まず、自然体でいられる経験をさせてもらった時期もありました。そして大人になり時期が来て、次々と癒しを求めて集まってくる霊に対してシャーマンとして対処していく運命を受け入れてからは、ぐちゃぐちゃの死体が迷って私のそばに来ていても、「ああ、こういう亡くなり方をしたのだな。迷われているのだな。」と冷静に受け止め対処するだけでした。恐れは、私たちの中にあるものを反映しています。「私たちの中の恐れ」、私たちが癒されそれを受け入れ、逃げずに向かい合い対処することも、霊と向かい合う上では大切なことなのです。霊障では、霊に成仏してもらったり、浄霊するだけでなく、そこでご縁を得た自分自身の癒しはとても重要です。 向かい合い、そこからの学びを得たとき、それが与えてくれる学びに心から感謝できたとき、私たちはその霊障を去るのです。

まず大切なのは、しっかりと自分に必要なことを判断することです。一人でできることとしては、観音経などのマントラで波動を清浄にして、瞑想することなどが考えられます。「静謐」なイメージを使って、内的な「無」の空間を作り出すと、神聖で必要なことを全て知っている自己のための領域を作ることができます。自分に関する判断を任せるべきは、そうした「絶対的な正しさを持って、かつ謙虚で何の理由も後ろ盾も必要なく私たちの存在を肯定する自意識」の覚醒です。簡単ではありませんが、答えはいつも自分の中にしかありません。

これに関して他者の助けを得るとすれば、カウンセリングなどが助けになる場合もあります。手放すこと、執着しないことは、こうした問題を解消する上で大切なことなので、それができるだけでもずいぶん楽になるはずです。カウンセラーは、経歴や年齢や経験よりも、その人の生来の素質がその素晴らしさになっていることが多々あります。霊障として表れるほどの恐れや執着に繋がるトラウマを解消するには、かなり力が抜けた、かつ心が強く誠実であり、優秀なカウンセラーが望ましいものです。経験や方が気に左右されることなく、ご自身の頑なな心を変わろうと言う大きなステップまで動かせるほどの何かを、その人に感じられるかが重要になると思います。お若い経験のない方、資格はないけれどカウンセラーとしての素質と才能と心のある方もいます。そんな素晴らしいカウンセラーを見分けるのは大変で、見つけるのにも一苦労です。でもいいカウンセラーが見つかれば、うまくいけばヒーリングよりもさらに主体的に癒しに関われるため、グラウンディングしやすいという利点もあります。

また、素晴らしい出会いや感動を通して成長していくうちに、あるいはいろんな方から何度もヒーリングを受け続けたりしているうちに、その方が変化成長されていけば、改善・解消していく霊障は多いと思います。

特別に他者からの介入や助けが必要となる場合は、本人が自分で乗り越えられないストレスや原因不明な不運な人生のパターンや、家族に繰り返し起こる事故や不運などを異常だと感じ始めたときです。このように、肉体的、精神的、社会的など様々なレベルで明らかかつ本人が抱えきれない問題を起こしたり、あるパターンをたどる不運あるいは怪奇的な好ましくない状況を引き起こすまでになった場合にのみ、シャーマンや霊媒師などと言われる特殊な能力や経験を持った人の介入が望ましくなります。

霊障が改善する時、その様々なレベルでの変化の素晴らしさ、体の楽さなどを感じることで、新しい自分と世界が生まれたような、でも何年も無駄にしたような気がすることがあります。また、自分の問題が霊障だったら、こんなに簡単に解消するのにと、霊障だと思いこみたいこともあるでしょう。でも、上記のような問題が全て霊障とは限りませんから、信頼できるシャーマンにまずは相談してみるのがいいと思います。通常、名前と生年月日とできれば出身地が分かるだけで、霊障かどうかはセッションをしなくてもすぐにわかるものです。

悪霊・邪霊の憑依、悪魔つき、祟り、黒魔術や呪縛をはじめとする呪い、前世からの霊的問題、生霊によるトラブルその他の様々な霊的障害は、特に強いものほど解くのに時間と費用がかかりがちで、中々解消できないまま苦しんでおられる方が多くおいでになるものです。また、こうした霊的障害は、除霊などで霊的影響や霊を取り外したり、浄霊だけでは根本的な解消とはなりません。すでに述べたように、その方がそれを受けた所以であるところのご自身の問題などに気付き、変化・成長することなしでは、完全には解消しません。霊障は、その人の魂の求めるままに起こる現象であるため、その人の魂が成長進化し、次のステップを踏める状態に導くことによってしか解消しないのです。そのため、きちんと霊障ワークをしようと思うと、除霊・浄霊・浄化だけでなく、総合的なヒーリングワークが必要となります。

多くの人がすぐにその苦しみから解放されたいと思っているのは自然なことです。また、人によっては大切な人生の局面などで、どうしても潤滑に物事を運びたかったり、家の霊障の子供への影響が出ていてすぐに解消したい場合などは、比較的速やかに確実なワークを提供できるシャーマンあるいは霊媒師、祈祷師などにお願いすることになったりします。シャーマンとも言われる「霊との交渉を安全に行うことができる癒し手」によるの契約ベースでの介入によって行うのは、直接的な霊とのやり取りの消耗や混乱、怪奇現象から依頼者を守り、安全で確実な霊的問題の解消として有効です。

ただ、こうした霊障を扱う人の中には、内実や実力がなかったり、お金目的で誠実でなかったりする人も多いため、ちゃんとしたワークを提供してくれ、かつ自分の訴えている内容を理解し対処してくれる人に出会うのは本当に大変です。こちらにご縁を頂いた方の中には、大金を取られた上効果も何もなく騙されたり、ヤクザなどが絡んでいて脅されるなど、辛い目に会われてトラウマになっておいでの方もいらっしゃいましたから、慎重になることは必要だと思います。

まずは、自分でできることから始めてみましょう。それだけでもかなり軽くなる可能性があります。それからもし必要になったら、リーブスでもお手伝いや信頼できる方のご紹介をさせていただいております。また、霊障に効果のあるワークで受けやすいワークとして以下をお勧めしております。どれも多くの方が、一回でかなりの霊障軽減や解消の効果を感じられています。また、リーブスではセッションなしの場合、どれも一万円で実施しており、セッション付きですと15,000円の追加となります。詳しくは事務局までお問い合わせください。

レムリアングリッド®
アルケミカルトランスフォーメーション®
オーロラ鍼™

※リーブスでは、上記の3つのワークの指導を始め、カウンセラーやシャーマンのトレーニングも行っています。