高次元意識開発®

通常の意識レベルでは難しい概念の認識や理解を助け、思考領域を広げるワークです。
リーブスでは以下の目的で、2007年以降の講習会の準備ワークとして、必要なだけの高次元意識開発をご提供しております。

  • 指導しているヒーリング手法に特有の叡智とシステムおよびエネルギーを理解・マスターするため
  • 体得・修得した叡智・エネルギーなどを自分のものとして自在に活用できるために必要な解析力と直観力、チャネリング能力などを高めるため
  • また短時間の講習で高度なテクニックを修めることを可能にするため
  • ヒーリングワークにかかる時間を短縮し、より有意義なワークを時間内に凝縮して提供できるようになるため
  • クライアント情報にチャネリングして行うヒーリングの場合に、施術側の状態に左右されることなく、相手の状況に把握フォーカスするため
  • またあらゆる状況を視野に入れた適切なワークを判断できる、柔軟で統合的癒しを提供するため(バッファ的意識領域の確保)
  • カール・ユング、アブラハム・マズロー、カール・ロジャース、ロベルト・アサジオリその他の心理学者達が将来開発されるべき心理学を超えた領域として言及しているトランスパーソナル領域を、すでにあるトランスパーソナル心理学で定義しているものとは別に、言葉でなく、全身全霊で理解する手法を修めることで、相手の癒しのプロセスを総合的に見る姿勢を育てるため
  • 内なる叡智の中で言葉にできないものも、エネルギーその他の形で表現することで、最善のワークを提供できる基盤を築くため
  • 講習後も成長変化を続ける上で、ある程度自立してそれに対応していける精神力を育むため

その他講習会によって必要なテクニックを身につけるために、テーマや意識領域を特定した高次元意識開発を行っています。

リーブスでは2005年より、講習会以外でもご要望に応じて高次元意識開発ワークをご提供しております。より広い側面と領域に関して高次元意識開発を行うワークも行っておりますが、依頼者にワーク後十分に安定するほどのしっかりとした目的がある場合にのみお受付けさせていただいております。高次元意識を開くことで、意識と能力の可能性が広がるため、ある程度はっきりとした目標や目的がないと安定しにくい場合や、活用しきれない場合があるためです。特定のワークの開発のためには、講習会以外にもワークに組み合わせてご提案をしております。例えば、歌唱・ヴィジュアル・建築その他の芸術的表現力の向上、統率力やリーダーシップ能力の向上の目的や、それまで自分にも他者にもわかりやすく表現できなかったような独自のアイディアや意見などをわかりやすい形で表現し・説明できるようになる目的、大勢の人に講義を行って参加者にしっかりとした理解をもたらすための技術を開発するリーブスの独自ワーク「グループテレパシー」の開発などの目的でも行っています。

高次元意識が開いた状態は、悟りやアセンションで得られるような、世界や自他に関する透明感のある明解さ安心感を伴うことが少なくありません。感情的には恐れや不安が減ったという感想をほとんどの方からいただいております。精神的には内的叡智への自信を育み、その人を創造的に切り開くことができます。前世の問題や魂レベルのトラウマがブロックとなっている場合にはそれを癒して解消に導き、エネルギーシステムのトラブルがあればそれが解消するようにヒーリングを行いながら、意識を豊かに広げるリーブス独自のヒーリングワークです。

高次元とは

高次元という言葉は、高い次元と書きますが、実際に次元は様々な属性をもった場所であり、高い低いがあるわけではありません。ただ、三次元的解釈をもって人間を基準に見た場合、複数の次元意識が開いていく段階があり、その順番に次元開発を行うのが最も適切なため、現在の三次元から数字で次元の場所を表しています。これらは全くリーブスにオリジナルな発想であり、開発技術であるため、リーブスで定義する特定次元が他の思想家などにより定義されるものと必ずしも一致しないことをまずご理解いただく必要があります。以下に特に説明しやすい高次元意識のいくつかについて簡単にご紹介します。

四次元:見えない世界への認識ができるようになります。エネルギー、霊的存在を体感・認識できる状態です。

五次元:物事を理解するのに、理屈がいらなくなり、直感的に物事・現象・世界の真髄に触れられるようになります。五感を超え、周辺(後ろも遠距離も含め)の状況を感じ、把握できる開いた状態として体感できます。四方八方を感じ認識でき、練習すれば過去や未来を超えて現在同様にリアルに感じることもできます。

それ以上の高次元意識は、開発する意識領域と目的によって個人差がありますのでここではご説明いたしませんが、基本的に囚われなく、真実と向き合い、それを受け入れて創造的な選択や判断ができるようになるのが特徴だと思います。

高次元意識の覚醒がアセンションではありません。リーブスではアセンションとは、肉体・精神・霊的側面あるいは魂の全ての側面の全てのベクトル(方向性)において、三・四・五次元の3つの次元あるいはそれ以外の次元を混乱することなく自由自在に行き来できる状態になっている状態だと理解しています。言わば全意識領域がフルで覚醒している状態です。肉体の高次元化については、地球レベルでの高次元的進化が起こるまでは完全に達成することがありません。それは肉体がこの地球に属するものだからです。

リーブスでご提供している高次元意識開発のワークは一人ひとりの必要性に応じて、一部の意識領域に限定して、高次元意識を肉体・精神・魂の全ての側面で開いていくワークです。そういう意味ではリーブスの高次元意識開発によって得られる状態はアセンションと完全に一致するものではないといえます。

必要に応じた意識開発のみのお手伝いをさせていただいております。高次元意識への開発の段階においては、他のすべての進化・成長段階同様に、その過程自体に意味があります。力や優位性を求めた高次元意識開発を行うことは有意義でないばかりではなく、その人が自我・顕在意識および潜在意識で意図するところの自由意志によるプロセスを阻む可能性があると考え、リーブスではお受けしておりません。適切あるいはその人にとって重要だと感じられる何かを達成する以外の目的で、高次元意識開発を行うことはありません。そのため、高次元意識開発のワークだけで依頼をいただく場合、こちらで完全に納得してお受けできない場合には、こちらの主観的判断や直感に基づいてお断りすることがあります。

  • 精神的疾病で現在投薬を受けている方、または、通院はしていないけれども精神的に不安定だという自覚がある方につきましては、講習会、ワークショップ、セッション等をお受けできませんのでどうぞご了承ください。
  • 遠隔準備ワークが必要な講習会やワークショップ、セッション等にお申込みいただきます際は、遠隔での準備ワークにご同意いただいた上でのお申込みとさせていただきます。準備ワークの詳細につきましては、こちらをご参照ください。

著作権及び商標について
当サイトで掲載しております、コンテンツは著作権法により保護されています。
講習及び独自のテクニックは商標登録されており、これらを無断で使用することは法律で禁じられておりますので行わないようお願い致します。